ミケンディ―プパッチ効果なしの5つの理由を暴露

ミケンディープパッチが効果ないって本当?ミケンディープパッチは効果なしという5つの原因を調べて分かった真相を暴露しています。

ミケンディープパッチの使い方

ミケンディープパッチが剥がれる この方法ではがれなくなった

投稿日:

ミケンディープパッチを眉間の年齢線に貼って寝ても、途中ではがれてしまったらもったいないし効果を実感できない・・・・そんな心配はありませんか?

 

特に普段から寝相が悪い場合は剥がれちゃいそうで購入を迷ってしまうでしょう。

でも正しい使い方や効果的な使い方をするとはがれにくいということがわかったのでこちらにまとめてみました。

寝相が悪いから購入を検討中なら一度目を通してみると不安がなくなるはず。

ミケンディープパッチが剥がれない使い方

寝る前にミケンに貼ればいい・・・なんて簡単に思ってませんか?

実は貼る前のスキンケアに注意点があるんです。その注意点を守らないとたとえ寝相が良くても途中ではがれてしまう可能性が高まります。

貼る前に行うスキンケアの注意点とは

・メイクや汚れを落としておく
・保湿をしておく
・油分の多いスキンケアは使わない
・水分が残ってる状態で貼らない

以上の4つが貼る前に注意しておくポイントです。

洗顔をしてきれいになった肌にいつものように化粧水で保湿を念入にやっておきます。汚れた肌や乾いていると密着度が弱くなり剥がれる原因になるから。

パッチを貼る周辺には乳液やクリームなど油分が多く含まれてるスキンケアはしません。

油分があるとパッチの密着度が低下するからです。

スキンケアした後の肌は水分が残ってない状態にしてからパッチを貼ります。余分な水分もパッチの粘着力を低下させます。

注意点をしっかりと守って貼ると多少寝相が悪くても朝までしっかりと貼り付いてくれるでしょう。

スキンケア以外に注意すること

正しいスキンケアをしたのに剥がれる・・・・そんな時は他に原因があります。

考えられる原因は

・保管方法が悪い
・貼り直しをした
・ニードルが刺さってない
・マイクロニードルをさわった
・極端に寝相が悪い

 

保管方法が悪いことが原因

ミケンディープパッチはマイクロニードルというとても微小な針が並んでるシートです。微小な針と言っても金属やシリコンではなく有効な成分を固めたもの。

水分や高温で変形することがあります。特に水分には弱いのでケースから出して放置するのはタブー。

高温多湿の場所に長期間保管するのもやめましょう。かといって冷蔵庫が良いわけでは在りません。外気との温度差でニードルに結露が生じることがあるからです。

直射日光が当たらない冷暗所に保管しましょう。

貼り直しをしたことが原因

初めて使う場合は慣れずに目的の場所とずれて貼ってしまうことがあります。しまったと思いはがしてもう一度はりなおしたくなるかもしれませんね。

でもいとど貼ったものをはがして貼り直すのはタブーです。

貼り直すとシートの粘着力が弱くなるので途中で剥がれる原因になります。

鏡を見ながら慎重に貼りましょう。慣れると上手に貼れるようになります。

ニードルが刺さってないことが原因

パッチを貼った後はもう一度シートの上から押さえておきます。再度おさえることでニードルがしっかりと皮膚の奥に刺さり、シートが皮膚に密着することになります。

押さえ方が弱いとニードル(針)が内部にしっかりと入らず、シートの密着度も弱く剥がれる原因に・・・・

ニードルがちゃんと刺さってないとせっかくの有効成分が皮膚の表面でとけてしまいもったいない。

貼ったり抑えるときにはチクチクするので刺激に敏感だと怖かったりするかも。でも何度もやってると慣れてきます。

1回はっただけでは案外ちゃんと貼れてないもの。もう一度上からまんべんなく押さえる。これ意外に大事なポイントです。

マイクロニードルをさわったことが原因

ミケンディープパッチはマイクロニードルがびっしり並んだシートです。ニードルのサイズは小さすぎて普通では見えないくらい。

指でさわったとしてもザラザラしてるな~くらいの感触。

どっちが表か裏かわからない時ってさわって確かめますよね。

でもこのザラザラは絶対に触ってはいけません。触るとニードル(針)の先端が変形して皮膚に刺さらない・・・・なんてことに。

ニードル(針)部分はちょっとした水分でとけてしまうくらいデリケート。

間違ってさわらないように使う前に表裏をしっかりと確認しておきましょう。

極端に寝相が悪いことが原因

ものすごく寝相が悪かったり、無意識にうつぶせになって顔を枕にこすりつけてしまう、といくら正しい使い方をしてもはがれてしまう可能性が高まります。

どんな寝方をしてるか自分では気が付かないもの。まして治そうと思っても無理。

そんな時の対処法はアイマスクをしたり寝ることとミケンディープパッチの上から医療用のテープを貼っておくこと。少しは剥がれにくくなるでしょう。

医療用のテープを貼った場合は水を湿らせてから優しく剥がしましょう。

以上の点に気を付けて貼れば、約5時間かけて有効成分が眉間周辺に染み渡ります。ジワジワと働いてくれるでしょう。

ミケンディープパッチが剥がれるのまとめ

 

せっかく貼ったのに途中で剥がれるとガックリしますね。そんな時は貼る前のスキンケアや貼り方などに原因があります。

・メイクや汚れを落としておく
・保湿をしておく
・油分の多いスキンケアは使わない
・水分が残ってる状態で貼らない

これらを注意しても剥がれる‥‥そんな時は

・保管方法が悪い
・貼り直しをした
・ニードルが刺さってない
・マイクロニードルをさわった
・極端に寝相が悪い

などをチェックしてみましょう。

ミケンディープパッチのシート部分は密着力のある材料を使用してるので正しく貼れば簡単に剥がれないものです。

-ミケンディープパッチの使い方

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした